せすにっき

日記。2019年1月にはてなダイアリーから引っ越しました。2022年も適当に生きたい。

テレビをボーッと見ながら思い出した

今日の昼飯に食ったCランチのカルボナーラ、あの店でカルボナーラって初めて食べたけど、今日自分が食べたあれってもしかしたら失敗作だったんじゃないか。思い出すにつれて確信が深まってきた。絶対そうだ。皿の底のほうから温泉卵みたいにぷるぷるした白身が塊でボコッと出てきたし、パスタにからんだソースがボッソボッソしてたし。「やばっ!」と思ったけど時間もないしそのまま出したに違いないんだぜ。そうなんだぜ。キー。
しかしそれをきちんと確かめるにはあの店へ行き再びカルボナーラを頼まなくてはならず、そのときにちゃんとしたカルボナーラが出てきたならば「やっぱあれは失敗作だったんだ」と判明して今日のこの腹立たしさが蘇ってきてしまうし、逆にまたしても今日食べたのと同じ白身ボコッでソースボッソボッソのカルボナーラが出てきたら「これがこの店のスタンダードカルボナーラ!」と衝撃を受けたうえに美味しくないものをわざわざ二度食べてしまった己の愚かさを呪ってしまうではないか。