せすにっき

日記。2019年1月にはてなダイアリーから引っ越しました。2024年もそこそこ適当に生きたい。

くどくど土曜日記

ピクミンブルームの旧正月イベントが明日で終わる。今回は、毎日花植えやお題消化を進めてアイテムを集めていくと、旧正月の飾りデコピクミンの苗だけでなくヘッドアクセサリーが何種類かもらえる。で、最後のヘッドアクセ入手まであともう少し。今回はイベントキノコばかり討伐していたのと、衣装に課金して花植えの効果をブーストできたのがよかった。並行して先日始まったバレンタインシールデコピクミンは、期間内にもらえる苗の数に限りがあるうえに早々に白ピクが重複したのでコンプはとうに諦めた。

プレミアムフライデー日記

もらいものの柑橘類(名前聞くの忘れた)の皮で久しぶりに砂糖煮を作ったので、チョコをまぶしてオランジェットを作ろうとこれまた久しぶりに製菓用のチョコレートを買おうとしたら、いつもバレンタインが近くなるとスーパーの手作りチョコ材料コーナーに並ぶ、あの手頃な量の袋入りの割チョコが、今年はどこを回っても見つからない。バレンタイン後に安売りしてないかなーなどと考えた自分が甘かった。自分が普段買い物をする何軒かのスーパーからは忽然と姿を消してしまっていた。最後の1軒でやっと見つけたのは、欲しい量の3倍ぐらいが入った大袋だった。しょうがないからそれ買ってきた。夏になったら冷蔵庫か冷凍庫で保管しないといけないし、そうすると確実に味が落ちるし、それまでに使い切らないとなあ。

もこもこ木曜日記

県の新型コロナ対策LINEアカウントから今週も定点観測データが送られてきた。2/12~18の週の1医療機関あたりの患者数、前の週からさらに3.60人減って7.41人になった。コロナは減ってきたみたいだけど、インフルエンザの患者は増えているという話も聞いたし、テレビでは今度はRSウイルスの啓発CMなんかも流れてるし、なんだか落ち着かないな。

駅の近くにあるけど普段あんまり行かないスーパー、久しぶりに寄ってみたら先月末で閉店していた…。上階にはスポーツクラブや百円ショップが入っていて一見にぎわっているようだったけど、あのスーパー自体には特にこれといって買いたいものがあるわけではなかったな。少し前、軽食コーナーが一足先に営業をやめてしまったあとは、テーブルと椅子が並んだスペースで訪れた人が自由に一休みできるようになっていたけど、長居させないためなのか天井のスピーカーから大音量で音楽を流していてちょっと感じ悪かった。今日はもうそれもなくなり、休憩コーナーは人はいるものの静かだった。スーパーの売場があったところには仮設の壁ができていて、もう入れなくなっていた。

すいすい水曜日記

近所のスーパーから姿を消して久しい、瓶じゃなくて缶のヒューガルデンホワイトがセブンイレブンで売ってた。しかもヒューガルデンロゼの缶も売ってた。スーパーで買ってた頃と比べて値段がほとんど同じなのはとても意外だがありがてえ。今度からここで買わせてもらおう。

きのうの夜、関内デビルのあとにまたパリピ孔明が見られると思ってわくわくしながら待ってたらスキップとローファーがはじまった。番組表をあらためて見てみたら、どうも1クール通しで再放送してくれるんじゃなくて、数話のセレクション放映だったらしいとわかって、なんかしょんぼりしてしまった。パリピ孔明はアニメ総集編という位置づけで劇場版の公開が控えてるから、そっちを観に行ってもいいかもしんない。でも、アニメ本編を見ていたときの、回が進むにつれてエンディングの映像に出てくる人が少しずつ増えていくのを見守る、あの楽しさは劇場版じゃ体験できないもんな。

ぽかぽか火曜日記

きのう雨が降ったので、今朝は早めに散歩に出れば杉花粉にやられなくてすむと思って急いで出かけた。しかし既に気持ちが悪くなるぐらい気温が上がっていて、セーターも着てないのに大汗をかいてしもた。帰りに八百屋で100円のほうれん草が買えたのでよしとする。明日はまた寒くなるらしいので、ブロッコリーとほうれん草とじゃがいものスープを作っておくのだ。

ほげほげ月曜日記

ウマ娘、チャンピオンズミーティングが始まり、追込ビコーちゃんが思ったよりも勝ってくれて嬉しい。たぶんBグループ決勝で3位が関の山だと思うんだけど、今回は「なんでこの3人?」という顔ぶれでチームが組めたので、パドックを見るだけでも楽しくて良い。
現在の育成シナリオは凱旋門賞までに特化しているので、個々のウマ娘固有のエピソードや、福引や初詣などの季節のエピソードが省略されていて、ストーリーを楽しみたい勢にとっては、一面では面白さがそぎ落とされている。なので現行のシナリオが登場してから入手したウマ娘を、URAとかグラマスとか、以前のシナリオであらためて育成するというのを今やっている。次の新しい育成シナリオが来るまでの息抜きっぽくてたのしい。

にこにこ日曜日記

先日ついに松屋のシュクメルリを食べた。松屋に行ったのは多分5年振りぐらいだった。地元駅前のあの物件には以前マクドナルドが入っていて高校生の勉強場所として賑わっていたが、マックがけっこう大胆な店舗リストラをやったときにあえなく撤退した。当時、次は頼むからてんやに来てほしい、この街に足りないファストフードはハンバーガーでも牛丼でもなく天丼だ、てんや来てくれと心の底から願ったのに松屋が来たのでがっかりした記憶がある。

松屋のセルフ注文システム、画面の操作方法が複雑すぎて一時ネットニュースにも取り上げられるほどだったと記憶しているけれど、それから改善されたのか、自分は極めてスムーズに注文できた。持って帰ってうちでのんびり食べたシュクメルリは、にんにくの強さもクリームシチューライクなとろみも、自分が作るそれとだいたい同じかんじだった。松屋クックパッドで公開しているレシピを自分も参考にしたのだからそりゃ当然だ。
しかし、これまで、自分が作るシュクメルリにはさつまいもを入れたことがなかった。今回、本物の松屋バージョンシュクメルリを食べて、さつまいもの存在感に衝撃を受けた。にんにくがめっちゃ効いたクリーミーなボディにさつまいも、めっちゃ合うじゃん。松屋のシュクメルリが人生初のシュクメルリだった人は、さつまいも抜きではシュクメルリを語れなくなっちゃうんじゃないのか。少なくとも松屋レシピには欠かせないと言ってよいのではないか。次回自分で作るときはさつまいもを入れようと思った。