せすにっき

日記。2019年1月にはてなダイアリーから引っ越しました。2022年も適当に生きたい。

ほげほげ月曜日記

こんな新書を買った。

この本の1章と2章を著者が期間限定で無料公開している。
note.com

塀のない刑務所から逃げて空き家を転々としたり海を泳いで逃げたりした人、そういえばいたなあ。警察署を脱走して、盗んだ自転車で四国一周して、道の駅でちゃっかり記念撮影までしてた人も、そういえばいたいた。と、ちょっとした興味からこの試し読みを読み始めたらやたらおもすろいので、早々に読むのをストップして紙の本を買った。
四国をエンジョイした脱走者の逃走劇については、読みながらグーグルマップで立ち寄り先の道の駅の位置を確かめたりしてたいへん楽しかった。いや、凶悪犯の足跡をたどって楽しいだのなんだのってのは不謹慎でしかないのだけども。しかし、取り返しの付かない罪を犯して捕まって、そして逃げた先で自転車旅を満喫しつつ、いったいなにを考えていたのだろう、と思いをはせてしまう。
自分、瀬戸内の地名にはとても疎いので、あまり距離感とかがピンと来ないのが惜しかった(だからグーグルマップでいちいち場所を確認しながら読み進んだのだけども)。なので、土地勘のある人が読んだら自分よりももっと楽しめるんだろなとおもた。