せすにっき

日記。2019年1月にはてなダイアリーから引っ越しました。2022年も適当に生きたい。

ねむねむ木曜日記

ゆうべ10時半過ぎてから政府のコロナ対策分科会の尾身会長の記者会見があるというので、ジップロックに入れたスマホを風呂に持ち込んで湯船でなんとなく見ていた。風呂から出てもなんとなく気になって最後まで視聴してしまい、今朝はなんだか眠い。
都知事が不要不急の外出をしないよう呼びかけていて意外だった。もっとゆっくりブレーキをかけてくるとおもてただ。現在の数字が2週間前の行動の結果であり、今やることの結果が2週間経たないとわからない、というコロナ対策の特性を考えると、こういうとこで動きが速いのはやっぱりいいよね。これに一拍遅れてキャナガワ県知事がなんかまた動画でメッセージ出すのかしら。キャナガワはGoToイートの食事券販売を停止する決定が早かったのはよかったのだけど、ちょっと前、じわじわ感染が拡大しはじめた今月中旬にあの会食マスクパカパカ動画をリリースしてたのを見たときには「キャナガワ、この冬はダメかもしれない」とかなり悲観的な気分になったんだよな。
黒岩さん、k値の計算方法を変えるとかいう時の説明動画もなんかえらいうさんくさかったし(今はもうk値自体対策サイトのグラフ一覧から消えてるけど)、個人的には、動画じゃなくて、和歌山県の知事メッセージみたいなかんじで文章にしてもらえないだろうかなあとおもた。自分は和歌山県知事が文章で時々出してるコロナ関連のメッセージが好きなので、和歌山県庁のホームページを見に行くのだ。