せすにっき

日記。2019年1月にはてなダイアリーから引っ越しました。2022年も適当に生きたい。

おはようございます

へんな夢みた。2つ見た。

  • 仕事帰り、終電の近い臨海部の住宅街を歩く。このへんは住宅がたてこんでいて、網の目状に鉄道路線が張り巡らされていて、踏切の警報器がどこかで鳴りはじめたと思えば、家々の間からにゅっと車両が出てくる。歩いているといつの間にか線路の敷地に入り込んでいるので、慣れない人には危険だ。車両のデザインは路線や鉄道会社によってさまざまで、正面から見るとまるで三味線のバチのように、上部が大きく扇状にふくらんだ形の車両まであった。あの上部の空間はいったいどうなっているんだ。網棚にでっかい荷物でも載せるのか。とにかく駅に着かないと話にならないので、自分と似たような、仕事帰りの格好をした通行人に、遠くに見えた建物を指して、あれは駅ですか?と聞いてみたが、違うらしい。小道に迷い込み、コンクリートでできた階段をのぼると、その先には温浴施設が近所にあって朝まで営業していると知ったが、そのお湯は火葬場の焼却熱を利用して沸かしているとかなんとか聞き、それはどういうことだろう、ととまどっているうちに目が覚めた。
  • 地図帳を見ている夢を見ている。地図帳にはアメリカの大きな軍事研究施設が置かれた半島の地図が見開き2ページで載っている。その半島の面積の大半を大きな湖が占めていて、その大きな湖には日本列島がすっぽり入ってしまう。なにそれ、日本小さすぎない?いやその半島が大きすぎない?とびっくりしているうちに夢の中で目が覚めると、台所ではホットケーキくらいの大きさのハンバーグのような挽肉の塊が焼かれていて、やがて、飲むヨーグルトのような、少しとろみのある白い液体のソースがフライパンにじゅわっと注がれた。弟がいたので「日本がすっぽり入る大きさの湖を擁する半島がアメリカ大陸にある夢をみたが、どうやら実在しないらしい、残念だ」と伝えたところで目が覚めた。