せすにっき

日記。2019年1月にはてなダイアリーから引っ越しました。2022年も適当に生きたい。

本日記

二十億光年の孤独 (集英社文庫)

二十億光年の孤独 (集英社文庫)

カバンに入れて持ち歩いて気が向いたときにパラッパラッとページをめくっては息抜きする、というような本の読み方が急にしたくなり、詩集ならそれが気軽にできると思って買った。谷川俊太郎の自筆の原稿が掲載されていた。なんかかわいい字でびっくりした。本日は、パラッとめくって出てきたページに載っていた、犬のネロについての詩を読んで、涙目になってしもた。なんだよ出先でうっかり読めないじゃないか。