せすにっき

日記。2019年1月にはてなダイアリーから引っ越しました。2022年も適当に生きたい。

おはようございます

へんな夢みた。
なぜか予定もしていなかったのに、新しい部屋に引っ越した。仕事の一環としてスナックを開店し、集まってきた客から密かに情報収集をするのだという。自分の仕事って一体何だったっけか、思い出せない。スナックの店名は自分で好きに決めていいと言われてアニメキャラの名前にしようと思うのだがどうもぴったりきそうなものが思い浮かばない。
住居は店に接続していて、今までの部屋より広い。そして風呂には温泉が引かれている。同じビルの同じ階に入っている共同浴場が地下から汲み上げているものを他の入居者も利用できるようになっているらしい。物珍しくてさっそく風呂にお湯を張る。しかし気づいたのだがどういうわけか共同浴場からの排水が、自分のところの風呂場の排水溝をも通るというとんでもない構造になっており、浴場の営業中は常にざばざばと泡の浮いたお湯が風呂場を通過していく。これはたいへん気分がよろしくない、というよりもどうしてこういう設計になっているのかわけがわからない。
だがそれを除けば住みよい物件で、畳の部屋にはやわらかい日差しが届く。母親に遊びに来てもらおう、と思ったところで目が覚めた。