せすにっき

日記。2019年1月にはてなダイアリーから引っ越しました。2024年もそこそこ適当に生きたい。

昼飯

パスタはもちもちしてうまかったけど味付けがしょっからかった。
どうも外で美味しいカルボナーラに出会う機会が少ない。
ごめん、だからといって自分で作れるわけじゃないんだ。
 
茶店での出来事
「こちらのお席へどうぞー」
「ハイハイじゃあ、アンタそっちね。あたしこっちに座るからー」
「はいはい。アーどっこいしょ」
「こちらメニューになります。お決まりになりましたらお呼びください」
「えーとね、いい?あたしゃ、このカキフライセットっていうの」
「かしこまりました」
「それとアイスコーヒー、後で持ってきてくれるー?」
「アイスコーヒー食後ですね。かしこまりました」
「アンタは?早く決めなさいよ」
「あたし、今日は頼んだことないものを食べてみたいんだよ」
「こちらがセットメニューになっておりますが……」
「うーん。うーんとね、」
「アンタ、これはどうなのよ」
「これ?ああー、パスタね、パスタ。パスタ?パスタって何よ、おねいさん」
「ええと…スパゲティですね」
「ああー、じゃあいいわ。今日は頼んだことないものを食べるんだから。これは?ホタテフライ?」
「こちらランチセットになっておりますね」
「ああ、うーん。ホタテ……じゃあ、ホタテにするわ」
「かしこまりました。ホタテフライセットですね」
「あたし、頼んだことないものを食べてみたいんでねえ。迷っちゃってごめんね。飲み物はアイスレモンティー、先に持ってきて」
「い、いえ、大丈夫です!アイスレモンティー、先にお持ちしますね」
あっちょっと待って!やっぱりこれ!これにして!」
「あっ、はい、ただいま戻ります!……はい、鉄板焼きプレートランチですね。かしこまりました」
「ごめんねえ、迷っちゃって」
「いいえーとんでもないですー」
「アンタやっと決まったわねえ」
「だって、この鉄板なんとかはこの前おいしかったからさ。失敗しないと思ったのよ」
 

         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『隣席のおばちゃんが新メニューに挑戦すると
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ          思ったらいつのまにか日和っていた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何がおきたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    優柔不断だとか気まぐれだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…