せすにっき

日記。2019年1月にはてなダイアリーから引っ越しました。2024年もそこそこ適当に生きたい。

これも読んだ

タイトルから想像するほどお気楽じゃない内容だけど、ホームレスの人ひとりにつき見開き2ページとごくごくライトな情報量で、あまり深くも考え込まずに読み終えることができる。さすが新書だ、とっつきやすい。いいことなのか悪いのかわからんけど。しかしこういう風にいろんな人生模様が超コンパクトに一冊の本にまとめられていると、さらさら読み進めるうちに暗示にかかってしまうのか、読むほどに俺もこうなりそうという気分にさせられてしまう。ちょっとやばいので早めに億万長者列伝とかも読んだほうがいいのかもと思った。そうしたらバランスがとれてちょうどいい人生になるかも。
そんなわけで、身にしみるような話が多くて俺にはほとんど笑えなかったのだけれど、巻末の筆者自己紹介の文章を読んで最後の方で思い切り噴いてしまったので、ぜひまた本を出して欲しいと思った。