せすにっき

日記。2019年1月にはてなダイアリーから引っ越しました。2024年もそこそこ適当に生きたい。

読んでる

百人一首への招待 (ちくま新書)

百人一首への招待 (ちくま新書)

ずいぶん前に買ったのに、読み始めてすぐに退屈しはじめて放置したままだった。そして退屈だったのは、藤原定家のことは気になっていてもその周辺事情や平安末期から鎌倉初期にかけての時代そのものにはほとんど興味がなかったからだったと気づいた。いや、今なら興味あるのかと聞かれると実はそうでもないんだけど。
百人一首はすぐれた歌ばかりを集めたものだ、という評は、初心者に興味を持って欲しいがための方便だ、なんてこの本では断言されている。今となってはそうなのかもしれんなあ、と思う。でも、あの人もこの人も、選ばれたのはなんでこの歌なんだろうと不思議に思えるのは、やっぱり百人一首を通してほかの歌の存在を知ることができたからこそなのだな。やっぱり俺みたいなズブの素人にとって、入り口というのは必要なものなのだ。
ふる雨にいまひとたびを待ちぬれて峰のもみぢ葉散らずありけり
わが庵は馬も車もみえずしてしかと見ゆるは雲の山なり
よをこめてとりのそらねははかるとも月よりほかにきく人もなし
ちゃんちゃん。