せすにっき

日記。2019年1月にはてなダイアリーから引っ越しました。2024年もそこそこ適当に生きたい。

晩飯

先日豚しゃぶサラダに使った薄切りの豚肉が残っているのでもやしとニラとで炒め物にしようと思った。しかしながらただの塩味ではちょっとつまんないな、もっといろんな具を入れて、醤油と砂糖とお酢で味も色もしっかりつけて、水溶き片栗粉でとろみをつけてがっつり食べられる炒め物にしようと夢がみるみるふくらんだ。
するとだんだん欲が出てきて、この炒め物に四角くカットして網目状に切れ目を入れたイカの身を混ぜてやりたいという望みがでてきた。四角くて分厚くて、口に入れたらしっかりと右の奥歯の一番奥から一本手前のところで、上から下から臼歯でもって、ガシュッとゆっくり噛み切って味わいたい。
魚コーナーに行ってみてもしかし、生のイカが売られていない。なんということだ。冷凍コーナーでカッチカチのミックスシーフードを見つけ、そこに網目状の切れ目の入ったイカの姿を確認して買い物籠に入れた。豚肉の残りを使い切るために考え始めた献立なのになぜか399円もはたいて魚介類を買っている。しかし俺はイカも食べたくなってしまったのだからしかたがない。
しかしけっこうボリュームのあるおかずになりそうだ。ご飯が食べられなくなりそうだがどうしたもんか、と思案するいとまもなく目の前には皿うどんの袋詰めが現れた。2食分入りだが半分だけ使って、これで主食兼主菜が一気にできあがる。素晴らしい。
家に帰ってフライパンをあたため、しょうゆ漬けのにんにくをスライスして油とともに熱し、シーフードを凍ったままそのフライパンにぶちまけた。もやしや人参、たまねぎ、ヤングコーン等の野菜を加えたり、酒をふりかけたり蓋をして蒸し煮にしたりの間に酢の物も出来上がり、俺は満足しきって湯気の立ち上る食卓についた。バリバリと軽く快い音を立て、ひしひしと皿うどんにありついた。俺は心底満足した。
使うはずだった豚肉の残りを冷蔵庫の中に置き去りにしたままで。