せすにっき

日記。2019年1月にはてなダイアリーから引っ越しました。2024年もそこそこ適当に生きたい。

読み終えた

持統天皇と藤原不比等―日本古代史を規定した盟約 (中公新書)

持統天皇と藤原不比等―日本古代史を規定した盟約 (中公新書)

終わりの方で、不比等の兄であるとされる定恵(じょうえ)の身の上についての話が出てきたのでふむふむと読んでいたら突然終わってしまった。ああ、このへんがまとめの文章だったのか、とあわてて読み返してみるのだけれど、結局持統天皇不比等の間に結ばれたはずの「盟約」とやらの正体はよくわかんないままだった。不比等皇位継承者のあいだで何度もお宝な刀のやりとりがあったというところや、実際不比等やその妻、その子孫が政治の中枢に食い込みのちの摂関政治の元を作ったというようなその後のいきさつから、きっと彼らの間でそういう盟約が結ばれていたに違いない、と話を持ってきているだけのようなので、盟約っていってももしかしたら不比等が後見人みたいにして彼らを支えるように、持統天皇が「よろしくね」とか頼んだってくらいの出来事だったのかなあ*1。もしそうだと盟約と呼ぶにはいささか抵抗があるような気もする。歴史の表には出てこない、隠れた約束。
そうそう、この本でも触れられているけど、定恵の正体についてはウメハラ先生がガツンと熱い文章を書いていた。けっこうぶっとび気味の説だったと今では思うのだけども。

*1:あ、でもそしたら「では私がそうすることになったとき、それを保証してくれるようなしるしみたいなものを預けていただけませんか」って話になるかも。それが盟約ってことなのかしらん。うーむ、俺が盟約っていうあんまり使わない言葉をあまりにも形式的なことばとしてとらえすぎなのかもしれん