せすにっき

日記。2019年1月にはてなダイアリーから引っ越しました。2024年もそこそこ適当に生きたい。

せっかくほろよいなので

夢の話でも書いておこう。こういうふうに意識がふわふわしてるときって、普段忘れてしまう夢のことを鮮明に思い出したりとかする。
ちょくちょく夢に出てくる鉄道の路線がある。たぶん実在しない。南北に伸びていて途中一部分だけ地下にもぐる。地上では冬になると大雪が降るので地下に作ったという。その地下の駅は構内がとても複雑なつくりで、何度も階段を昇り降りし、時には線路に下りて歩き回らないと目指すホームにたどりつけない。改札口のあるフロアには、洋食を出す店と、その先に国技館につながる通路があって、大相撲が開催される期間はむちゃくちゃ混雑する。また、西口方面には飯田橋への連絡口があるが、薄暗い地下街を通らねばならない。地下街には八百屋とスーパーがあるが営業時間は短く品揃えも悪い。あと、生ジュース屋がある。たまにおまけでカンロ飴をくれる。
改札から外へ出ると中央線の線路が見える。平行して幅の広い車道が走っている。歩道の脇には赤いのぼりが点々と立っている。歩道は車道から外れて細い坂道をのぼっていき、途中にはきびだんごを売る店があり、さらにのぼっていくとロープウェイの駅がある。