せすにっき

日記。2019年1月にはてなダイアリーから引っ越しました。2024年もそこそこ適当に生きたい。

寄り道晩飯

  • スモークサーモンのクリームパスタ
  • コーヒー

今日はどっかで軽くごはん食べてからコーヒー屋にでも行って読みかけの本をフィニッシュしようと思い繁盛しているパスタの店に入ったのはいいが、入店の際に「お客様、おひとりさまですかー!?」とすんごく元気よく若いウェイターに聞かれたので「おひとりさま!これがあのおひとりさまというちょっと前の流行語の発祥の“お客様、おひとりさまですか?”か!」とあらためて感慨にふけってしまい、それがまたすごく大きな声で言われたものでちょっと動揺して、あとでコーヒー屋で本を読むのだからここで注文するのはパスタ単品でよかったのに、思わずお得なコーヒーセットにしてしまった。満席の店内で食後のコーヒーを傍らに置いたまま読書に没頭できるはずもない小心な俺は、さっさと食べ終えて帰ろう、と計画を変更したのであった。
だが運ばれてきたパスタは衝撃的に塩辛かった。なんだこりゃ。このまま家に帰ったら今日の感想はおひとりさまでパスタ食ったらしょっからかった、というなんだかわびしさの漂うものになってしまう、と買い物をすることにした。そうだ、今年のはじめに何枚か年賀状をもらって、家にあるはがきホルダーがいっぱいになってしまったのだ。あれをもう一冊買って帰ろう。
無印良品に足を伸ばした。しかし品物を手に取ったとき少し考え込んだ。白くくもったような仕上げをしてあるプラスチックの表紙の、なんの変哲もないはがきホルダーである。二冊目も家にあるのと同じのにしたいのだが、前回買ったのがこれだったという確信がもてない。シンプルな、どこにでもありそうなはがきホルダーなので、もしかしたら前回俺はこれと似てはいるが別のメーカーのものを買ったんではないか。そんな気がする。というか俺はあの時ダイソーでも似たやつを見つけて、それを買ったんじゃなかったか。だって値段が4分の1だし。きっとそうに違いない。
と思ってダイソーに行ったらやっぱりほとんど同じようなブツが105円で売られていた。やっぱこれだよこっちだよ。と買って帰った。入りきらなくて本棚の隙間に挟んでいた賀状を無事収納して、一冊目のホルダーの横に立ててみたら、なんだか背表紙の幅が微妙に違う。しまった。やはり一冊目は無印のだったのだ。なんといううかつな俺。どうして、どうしてあの時ダイソーで買っておかなかったんだ。と、今日の自分より昔の自分を責めてしまうのがちょっと悲しい。