せすにっき

日記。2019年1月にはてなダイアリーから引っ越しました。2024年もそこそこ適当に生きたい。

晩飯

  • おこげに白菜炒めをかけたの
  • 梅酒

中華料理に出てくるおこげというのとは多分違うマイおこげ。作る理由から既に違う。鍋炊飯で鍋底にこびりついて取れないごはんに手を焼き、かといってタワシでガーシガーシとこすりまくるのもおっくうなので水を入れて放置したらふやけてきれいにぽろぽろ取れた。しかしこれが毎回結構な量になり、もったいないのである時、ザルにあげてからフライパンに薄くのばして焼いてみた。パリパリになった。これがうちのおこげのはじまりである。
しゃもじでぐいぐいやっても取れないこびりつき飯で作ったものであるからして、一粒一粒がつぶれて原形をとどめていない。しかも一日水に浸かっているのできっと、でんぷん成分とか、ことによると栄養分とかが溶け出してふぬけごはんになっているかもしれない。本格中華おこげの方はというと久しく食べていないのでどんなかんじだかすっかり忘れてしまっているのだが、多分それとうちのおこげとは別物なんだろう。
というわけで今日はそんなうちのおこげに、とろみをうんとつけた中華炒めをかけて食べてみた。おこげは作ってから時間が経っているし油で揚げたわけではないから、ジュー!というあのおこげ音は聞けない。聞けないので具をかけるときに自分で「ジュー!」と叫んで雰囲気を盛り上げてみた。それなりに盛り上がった。
発見があった。とろみにふれて少ししめったマイおこげは靭性がむちゃくちゃ高くなってバリッとも噛み砕けないしガブッとも噛みちぎれない。なんてこった。本格中華おこげってもっとザクザクッといかなかったっけ?しかしもう少し待つとしんなりしたマイおこげはなかなか乙なものであった。うめえじゃねえか。
あと、炒め物にうずらの卵が入るとそれだけで中華っぽく俺には感じられてとてもステキだと思った。きくらげもグーなのだが、入れすぎてちょっと見た目の怪しい炒め物になってしまった。1/3くらいしか使わなかった白菜(1/4カット)が88円だったのにうずらの卵の水煮が107円だったので、なんかすごい贅沢をした気分だった。