せすにっき

日記。2019年1月にはてなダイアリーから引っ越しました。2022年も適当に生きたい。

季節

いずれにせよ、毎年この時期のアニメは時期柄を反映したものになるような気がする*1。ほとんど見ていないのだがドラマもそうなのだろうか。そういやなんとかアゲインというやつの最終回はひどかった。見なきゃよかった。
だが、厳密にはたいていの場合そこで1クールあるいは1番組が終わるというだけのことであって、それらが感動的なエンディングを迎えることと放映される季節や行事とは特に関係はないのだ、という反論があれば自分はそこで沈黙するしかない。冒頭の一文が単なる俺の印象論にすぎないからだ。

*1:俺のこの時期のアレなひねくれ具合についてアイドルマスターゼノグラシアのあのおかっぱの子の心情、といえば理解してくれる人はこの地上にひとりくらいは居てくれるだろうか。でもいなくてもなんてことないので別に気にしないでください。とわざわざ書く奴はやっぱり結局かまってちゃんなんであろ?と思ったそこのあなた、認識は正しいのかもしれない。だがかまってちゃんにも色々あって、素直なかまってちゃんとそうでないかまってちゃんがあり、後者はさらにツンデレとただのキチ(ピー)に分かれ、後者の後者には関わってもなんら楽しいことはないのであーる!なぜなら相手に対してなんでもいいから自分が影響を与えたのであるという満足感を得たいがために暴走しがちであるからであーる!