せすにっき

日記。2019年1月にはてなダイアリーから引っ越しました。2022年も適当に生きたい。

おはようございます

超へんな夢みた。
熊国立公園に来た。熊公園というのは熊を放し飼いにしている公園で、ここのは国立公園だ。危険じゃないのかというと、昼間は明るいし人がたくさん来るので熊の姿は見えてもこっちには近づいてこないため安心して観察できるらしい。夕方になるとみんな慌てて出口へと向かっていく。しかし今日は人が殺到しすぎて狭い出口のゲートが大混雑。列の後ろの方では迫り来るクマの恐怖に泣き出す中高年が出てなんというかもう、なんなんだよこの公園は、である。
公園を出るとバス停があった。よし、これで帰ろう。だがしかしバスが来ると思ったら来たのはロマンスカーだった。しかもアナウンスによると、スーパーはやて号浅草行き。頭の中で何かと何かと何かが混ざっている。とりあえず乗ると、前の方の車両へお移りくださいと言われて通路を歩いていく。
途中、まるごと土産屋になっている車両を通りぬける。さつまあげって東京の名産品だっけ?なんか違う気が。でも買っとくか、と物色。店の人に「ニッスイって紀文なんですか?」とよくわからんことを聞いている。東京のなんとかという町は魚類練り製品を作る職人が多く住んでいる町で、しかし今では職人たちはみな高齢化しさつまあげを揚げられなくなり技術継承が絶えてしまいつつあるらしい。俺が試食したのは、やがて消え行くさだめのごぼ天なのだ。うまい。
一番前の車両はなぜか畳敷のお座敷列車で、最前部に床の間があり巫女姿の梨花ちゃまが正座していた。梨花ちゃまかわいいなあ、とにやにやしていたら俺はいつのまにか圭一であった。うはあひぐらし
しかし梨花ちゃまは急に暴れだし、猛り狂っていた。お役目様の重責に耐えかねるとこうして時々「杣」という真の人格が出てきて、何かを古代語で叫びながら神事に使う鍬を持って暴れまわるのだそうだ。そんな設定聞いたこともなかったよ!っていうかお役目様ってひぐらしじゃないよな、あれはうしおととらだよな、と懐かしいマンガを思い出したところで目が覚めた。