せすにっき

日記。2019年1月にはてなダイアリーから引っ越しました。2024年もそこそこ適当に生きたい。

晩飯

  • へんな炒め物
  • きゅうりのぬか漬け
  • ごはん

疲れているときに思いつきで料理をするとろくなものができない。以前学習したはずなのにまたやってしまった。
安く手に入ったえのきが冷蔵庫に保存されている。ちょっと前に炒め物に使って半分残っていたたけのこもタッパーに入っている。解凍した牛肉がある。
おとなしくえのきの牛肉巻きでも作っておけばよかったのだが、たけのこの処遇に困った。そろそろ食べないとまずい。というわけでこれらをフライパンにぶち込んで炒めてしまった。味付けをしようとしたら、中華スープの素がない。切らしていたのをすっかり忘れていたのだ。本当ならそれで大体の味付けは済んで、あとは砂糖と醤油少々で味を調えればおいしい中華炒めがかんせーするはずであった。が、ベースとなるものを欠いたままむやみに色々と足されてしまったそのブツは、甘いような辛いようなしょっぱいような、なんとも形容しがたい一品になってしまった。というかまじゅい。これだったらえのきは蒸して梅だれで食し、たけのこと牛肉だけでさっぱり塩炒めにしたらごはんが進んでよかったのに。結局半分残す。残したということは、明日また食べなくてはならないということだ。牛さんえのきさんたけのこさん、こんな姿にしてしまってごめんなさい。
小田晋の本に載っていた明恵上人という人の全集*1を買ってみた。週末にでもぱらぱらめくってみよう。晴れれば外読みのついでに花屋に行って、シンゴニウムのかわいいのをみつくろってきたい。

*1:よく見たら全集じゃないや、なんつうんだ、著述集か