せすにっき

日記。2019年1月にはてなダイアリーから引っ越しました。2024年もそこそこ適当に生きたい。

晩飯

  • もうかざめのすまし汁仕立て(昨日の残り)
  • ひじきの煮物
  • トマトとモッツアレラチーズのサラダ
  • ごはん
  • きゅうりのぬか漬け(やや古)
  • 黒豆茶

昨日布団にくるまってうとうとしながらテレビを見ていたら、なんとか賞を辞退した、きのこをとるのが好きなすごい学者の人のドキュメンタリーが流れていてとてもおもしろかった。
この前から読み返している本、

ほんの少ーーーーーーーしだけ古代史の知識を得た今読むと俄然おもしろいことに気づいた。いや、買った当時もたぶん楽しく読んでいたのだろう。途中途中に自分にしては珍しく線を引いたり図中に書き込んだりした跡が残っている。
本文中にも恨み節めいたことがちらほら出てくるんだけど、この著者の謎解きはガクモンな世界には結局その後も受け入れられなかったのかな。その理由も、うまく言葉がまとまらないけれども、なんとなくわかるような気もする。でもこういう視点もあったほうが断然おもしろいなあ。
あー、どうして以前の自分がこの本を買ったのか思い出したような気がする。多分その頃これを友人に借りて読んでいたのだ。角川コレクション版じゃなくて、スコラから出てた単行本の方。週末から軽い咳が止まらず、月曜あたりから鼻水も出てきたのでてっきり風邪だと思っていたのだが、どうやら季節の変わり目で粘膜が敏感になっているためであるようだ。帰ってきていつもよりじっくり念入りに掃除をしたらその後、咳も鼻水もぴたりと止まってしまった。なんだよハウスダストかよ。俺のズボラが元凶かよ。掃除はサボッちゃいけないなと反省。