せすにっき

日記。2019年1月にはてなダイアリーから引っ越しました。2024年もそこそこ適当に生きたい。

読み終えた

謎の豪族 蘇我氏 (文春新書)

謎の豪族 蘇我氏 (文春新書)

蘇我氏のみならず当時の時代そのものの流れをつかむのにちょうどいい本だと思った。日本書紀などの史料から引用している部分のフォントが変えてあって読みやすかった。改新政権の仏教興隆の詔と、飛鳥寺の西の大槻の樹の下での誓約の文言、両者の対比は非常に興味深かった。それから、この指摘は割と納得しやすいのに結構忘れがちなことであるなと思ったのでメモ。

この点、皇極天皇中大兄皇子蝦夷と入鹿の間に、それぞれ世代間対立のようなものがあり、それが乙巳の変に内包されていたように思える。

細かいところでは今まで読んだ本との相違点が多々出てきて、それだけでちょっと混乱した。あれ?吉備池廃寺=百済大寺でおkなんじゃなかったの?とか。蘇我氏関連はまだもう何冊か積まれてるんだよな。めげずにゴーです。