せすにっき

日記。2019年1月にはてなダイアリーから引っ越しました。2024年もそこそこ適当に生きたい。

午前2時におかしな夢を見て目が覚めたのでメモするよ

なぜかまだ登場人物の年齢設定が15年前くらいのままだった。弟の誕生日だというので従姉妹がお祝いに来ていて、うちの母がなにやら料理を作っているが、従姉は焼肉屋に予約の電話を入れている。なんでも世間には「水性焼肉」と「油性焼肉」があって、前者は肉を焼くのに高温高圧の水蒸気を使うから服や髪ににおいがつかず、体にもいいらしい。そして今電話しているのはその「水性焼肉屋」らしい。マジックペンですか。
母が一生懸命こしらえていたのは巨大なカレーパンだった。誕生日祝いにカレーパン。大きく作っておいてできたてを容赦なく包丁で4等分して我々に分けてくれるのだが、それなら普通の大きさのを4つ作ってくれればいいのにと思わなくもない。しかもパンを作り終えると母は「まかないのカレーパン買ってくるから待ってて!」と自転車で買い物へ出かけてしまう。あなたが今作ったのはなんですか。
そして我々は、手作りカレーパンと買ってきたカレーパンを持って、水性焼肉店へと出かけていくのであった。なぜそんなものを焼肉屋に持ち込みますか。不思議な誕生日会だと思って弟を見ると、爆笑問題の田中だった。太田もお祝いに駆けつけていて、下ネタを振ってくるので殴り倒そうと思ったところで目が覚めた。