せすにっき

日記。2019年1月にはてなダイアリーから引っ越しました。2024年もそこそこ適当に生きたい。

NW-E507で聴くアルバム一枚追加したよ

  • quartergate / quartergate

http://www.cdjournal.com/main/artist/disc.php?ano=108538&dno=1296100001
GASTUNKBAKIDOOMのメンバーが参加したユニットのアルバム。実はGASTUNKは聴いたことが無くて、BAKIの声もこのアルバムを聴くまでどんなかんじのものなのか知らなかった。
DOOMの藤田の凄みのある叫びも好きなのだけど、夜の底闇の中でスポットライトを浴びて浮かび上がるように流れてうねるBAKIの声には、危うい艶かしさのようなものを見せ付けられる。しょっぱなの「A CANNED CONCRETE」の出だしから一気に引き込まれて、あっという間にラストの「STRANGE BLUE」へ。疾走するようなドラムの音で幕を開けたアルバムは、吐息まじりうめきまじりの歌声の余韻と降り注ぐガラスの破片のようなギターの残響をまといながら、静寂の闇に消えていく。その静寂に何かがふと浮かぶのだけれど、それが誰かの人影なのか、それともただの幻影なんだかよくわからない。それがなんだか確かめたくて、何度も何度もまた最初から聴き直してしまう。