せすにっき

日記。2019年1月にはてなダイアリーから引っ越しました。2024年もそこそこ適当に生きたい。

秋日記

自分にしては早起きして、早朝からやっているスーパーへ出かけていったら、秋刀魚と生筋子が安売りされていた。両方買って帰って今夜はさんまの塩焼きにした。漬け汁の準備が間に合わないので、いくらの醤油漬けは明日作る。ナンプラーは買ったがしいたけの戻し汁を用意しておくのを忘れてた。
今回の旅では念願だった五色沼周辺散策ができただけでも嬉しかったのだけど、天気にも恵まれてほんとうに美しい眺めを頭に焼き付けて帰ってくることができてラッキーだった。風がほとんどなくて水面がまさに鏡のようだったんだよ。お気に入りの写真をいくつか下に貼っておく。一番上の写真、ものすごい空の色になってるけど実際はもう少し淡い色だった。今使ってるスマホのカメラ、やたら青色が濃く写る。


モンGO旅日記

五色沼散策コースでは水系のポケモンばかり出るんじゃないかと思っていたが、なぜかイーブイとやたら遭遇した。CPが低かったので1匹だけ残してみんな博士に送っちゃったけど。つかまえた場所が「北塩原村」と記録されてちょっと嬉しい。旅行一日目はそのまま裏磐梯に泊まったんだけど、宿ではなぜかポッポが次々わいてきた。
少し前に、会津若松飯盛山周辺でポケモンを探しにプレーヤーが殺到して住民が困っている、という内容の新聞記事を読んだ。東山温泉へ向かうバスの道中それを思い出し、ちょうどその近くにさしかかったのでアプリを起動してみると、なるほど確かにポケストップが集まっているし、このあたりでは珍しくルアーが複数のポケストップに刺さって賑やかな様子だ。どんなポケモンがわいているのかは確認しそびれた。
若松と言えば、鶴ヶ城のあたり、北口から入って食堂や売店やトイレがあるところ、ポッポがやたらとわいた。画面上でボールを投げつつ、なんかハトにエサをやってる気分になった。ちなみに天守閣、階段のところにポケモンGOのプレイヤー向け注意書きが貼ってあったよ……。建物内では全面禁止なのかと思いきや、第5層ではプレイして良いらしい。
最終日、大内宿の石原屋でまったり休憩中にアプリを起動してみる。山の中なのだけどなぜかコイキングがあちこちでビチビチ跳ねている。なぜだ……?と一瞬思ったけど、道の両脇に水路が整備されてるんだよね。あと、「近くにいるポケモン」に一度だけミニリュウの姿が表示されたけどそれっきりだった。

イングレス旅日記

今回はひとり旅じゃなかったので、ゲームといえば時々ポケモンを拾ってくるぐらいでエージェント活動はほとんどできなかった。会津若松駅周辺と鶴ヶ城、それに大内宿のポータルキーをゲットしてきたぐらいだな。また一人で行く機会があったら、そのときはポケモンじゃなくイングレス優先で、ぜひぜひミッションメダルを集めたい。