せすにっき

日記。2019年1月にはてなダイアリーから引っ越しました。2022年も適当に生きたい。

2007-12-23から1日間の記事一覧

呑み過ぎて一日溶かした

鷹野の絵を描いて、さて色つけようと思ったところから記憶が無いです。 日付変わって24日午前零時を回りました。 おはようございます。

しゃっくりが止まらなくて苦しい

「これが…私の罪に対する報いなのね…」byみよ

人参の

ぬか漬けうめえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ

世の中を生きていくのに

空気だけを吸っていられれば体にもいいのにねえ。だけど俺はけむけむどくどくな煙も吸わなきゃいけないのです。じゃないと俺が今こうしていることの意味がなくなってしまう。あ、これナイショね。 だれに? これを読むはずのないだれかに。 ペシェまでクリス…

季節

いずれにせよ、毎年この時期のアニメは時期柄を反映したものになるような気がする*1。ほとんど見ていないのだがドラマもそうなのだろうか。そういやなんとかアゲインというやつの最終回はひどかった。見なきゃよかった。 だが、厳密にはたいていの場合そこで…

今日のひぐらし名言

ピエロは退場も踊りながらするもんです。

ef最終回の感想

そうか!たとえ13時間で記憶が消えるというくびきにつながれていても「思い出す」「思い返す」ことはできるのだよ!ラヴイズ偉大であるよ!というおはなしでした。これが実話だったら「そうか、幸せになれてよかったね」で終わるのだが「というおはなしでし…

そういえばこの曲も結構クリスマス時期に流れるような気がする

ラーーーラーラーラララーラー ラララーラーーー 兵十〜〜〜〜ごんぎつね (日本の童話名作選)作者: 新美南吉,黒井健出版社/メーカー: 偕成社発売日: 1986/10/01メディア: ハードカバー購入: 2人 クリック: 56回この商品を含むブログ (68件) を見る

おいおっさん

季節モノはほんとにしみるからやめろよ!!おい!ほんとやめろったら!!!!あんまりいぢめるとホットカーペットの上でゴロゴロ転がって泣きながら暴れるぞうわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ…

人の造りしもの

やべえひぐらし見てなんか泣けてきた。というわけで今日はみよを描くよ!

こむにかしおんの話続き

自分で勝手にたとえ話にしておいて、そのたとえ話が脳内で暴走してしまい困っているせすですこんにちは。テレパシーが一体相手にどこまでを伝えることができるのかというのを考えていたのですが、そもそもテレパシーというものがほんとに「アリ」なのかどう…

朝飯昼飯

赤鶏骨付きもも肉のバターソテーとサニーレタス モッツアレラチーズとフルーツトマト トップスのチョコケーキ パステルの宇治抹茶プリン フレシネコルドンネグロ 包丁でさくさく切れ目を入れて塩胡椒を振ってバターで焼いただけの赤鶏うめえええええええええ…